logo

regular course(レギュラーコース)

もっと自由にデザインしたい方、本格的に取り組みたい方はレギュラーコースで。


アイテムはハイヒールパンプスからサンダル・ブーツなど、デザインも自由です。
デザイン、型紙制作から裁断、製甲、底付、仕上げまで一貫して制作します。

自由に予約できるので、月によって沢山受講したり、お休みしたり、お仕事がお忙しい方でも空いた時間で受講できます。

また、木型のオーダーも出来るのでデザインを追求したい人や、市販の靴が足に合わない方にもお勧めです。

さらにデザイナーや職人など仕事にする事を目指す方には、原価計算や仕様書の書き方、靴業界の流通の仕組み、展示会に出展する方法など様々な知識も教えています。
ブランド立ち上げのアドバイスやお手伝いもしています。

workshop schedule

workshop schedule

月 14:00~17:00/19:00~22:00
水 14:00~17:00/19:00~22:00
土 14:00~17:00/18:00~21:00
日 14:00~17:00/18:00~21:00
※祝日は休講です。

※自由予約制 曜日・時間は受講毎に変えられます。

OTO Workshop の クオリティー

OTO Workshopはクオリティーをしっかり追求します。

たとえば、スポーツはたくさん練習したら筋肉が発達してより強くなっていきます。
でも、もの作りはいっぱい作ったからといって上手くなるとは限りません。
手先の器用さというのは、指先の神経が発達することではないからです。
器用さは考える力です。
大切なのは一つ一つの作業にどれだけしっかり考えて向かい合えるかです。
そのことに気がつけば器用さのベース(下地)が出来ます。
自分は不器用だからとあきらめないでください。
器用さのベースは誰でも身に付きます。そしてそれが出来たら飛躍的に上達していきます。

例えば紙の上に曲線を描く作業で、講師が実際に作業をやって見せたとき。
ベースがまだ出来ていない人は、曲線を見ます。
「このくらいの曲線を描けばいいんだ」と理解します。
でもその曲線は結果でしかなく、それならコピーだけ見せても同じになってしまいます。
ベースが出来ている人は、どのように鉛筆を持ってどこに手を置いてどの方向から描いているか…いろいろなところを観察し、自分でも考えながらやってみるでしょう。
この過程が大事なんです。

OTO Workshopでは作業ごとにどうやったら上手くできるか、どうやったら失敗しやすいかを理論的に説明しながら実際にやってみせます
ぜひ手の動きや道具の使いかたまで観察してください。

デザインの広がり

靴のデザインは森の中の木に実る果実を探す作業だと思っています。
果実は成果であり、人により目標が違うと思います。
プロのデザイナーならより多く売れるほうがいいでしょうし、趣味で作る人は自分の履きたい靴が出来ればそれが成果となるでしょう。
目標はそれぞれですが、より大きな果実を求めて、まず木を選びます。
森には木がたくさんありますが、もし夏だったらブーツの木にはあまり果実がないし、サンダルの木やパンプスの木のほうがいいでしょうか。
次に無数の枝分かれを探っていきます。
ヒールの高さや形状、つま先の形、ストラップの数、革の質や色など無限に広がっていきます。
その枝の先により大きい実がなっていると思う選択をするわけです。
目的にあったデザインはより大きな果実=成果が手に入ります。

OTO Workshopではあまりデザインに関して「こうした方がいい」とはアドバイスしません
その代わり、まだ見つけていない枝を提案するようにしています。
靴を作る人、一人一人が自分の森の中で自分にあった果実を探すお手伝いをしています。

shoes sketch

shoes sketch

デザイン画も学べます(希望者のみ)。美大の絵画科出身のデザイナーが基礎もテクニックもしっかり教えます。
全く初めてでも大丈夫です。練習すれば誰でも描けるようになります。デザイナーを目指す方や靴に携わるお仕事の方はもちろん、趣味の方も。
靴を作る前に思いついたデザインを描いてみるとイメージが沸きやすく、靴の完成度も上がります。また、デザイン画自体が魅力的になればもっと楽しくなります。

シューズデザイナー・講師:
乙 浩成(おと ひろあき)
美術大学で油絵を学んだ後、婦人靴メーカーでパターンナー、デザイナーを経験。
2001年レディースシューズブランド“OTO”を立ち上げる。靴の木型、型紙を自身で作成し、独自のデザインを追究。
パリ・ミラノ・NYなど国内外の展示会に多数出展。
専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジにて、シューメーカーコース立ち上げ(2004年)から2009年度まで講師を務める。
2007年株式会社オト・デザインズアンドシングス設立。
2012年OTO Workshop開講

contact

ワークショップに関するお問い合せ・お申し込み・見学はこちら

→E-mail: workshop@oootttooo.com

お名前、お電話番号、お問い合わせ内容(見学希望またはご希望の受講コース、そのほかご要望など)をお書き下さい。
※通常2日以内には返信しています。
返信がない場合は迷惑フォルダをご確認頂くか、お電話でお問い合わせ下さい。phone: 03-3464-4771

受講費・お申込み

入会金 ¥15,000 
3回¥15,000/4回¥19,500/5回¥24,000〜
(月1回¥5,000から受講できます。)
※他に材料費がかかります。
(パンプス1足 ¥5,000程度)

メールに初回受講のご希望日時をお書きの上、お申し込み下さい。

Order Made Last

Order Made Last

ご希望があれば、あなたの足を計測し、ぴったりの木型をお作りします
なかなか既製品の靴が足に合わない方やこだわりがある方は是非どうぞ。
ヒールの高さやデザイン・つま先の形も思いのままです。
思い描いたとおりの理想のデザインで、よりぴったりな履き心地の靴が出来ます。
一度作った木型はもちろん繰り返し使えます。
¥45,000(税抜)

Q&A

Q:トライアルコース(体験)ではどこまでデザイン出来ますか?
A:各トライアルコースでは予めこちらで型紙をご用意していますので、ベースの形は変えられません。ヒールの高さも決まっています。
革の種類や色は100種類以上のストックの中から自由にお選び頂けます。本体、ヒール、中敷など各パーツの組み合わせをお楽しみ下さい。
またリボンなどの飾りをアレンジすることも出来ます。

Q:トライアルコースでは表示価格の他に費用はかかりますか?
A:かかりません。体験なので入会金は不要です。受講代金に材料費も含まれています。

Q:トライアルコースはいつ受講出来ますか?
A:開講日時であればいつでも受講して頂けます。

Q:不器用なんですが大丈夫でしょうか?
A:トライアルコースではミシンなどの難しい作業は講師がお手伝いします。また型紙も予めご用意しているのでお気軽に受講頂けます。

Q:市販の靴が足に合わないので、トライアルの靴のサイズが合うか心配です。
A:初回に足を計測して、足長はもちろん幅も調整しますので、オーダーメイドのようにぴったり作れます。
幅広、外反母趾、左右違うサイズにも対応してます。
不安がある方は事前にご相談下さい。

Q:友人と一緒に受講出来ますか?
A:大丈夫です。4人以上のグループの場合はご相談下さい。

Q:トライアルコースとレギュラーコースはどう違いますか?
A:トライアルコースではお気軽に、より短い時間で1足作って頂くために型紙は予めこちらでご用意しています。そのためベースになる形が決まっています。また、ミシンなどの一部の難しい作業は講師が代行します。
レギュラーコースは使う木型の種類も多く、自由にデザインして頂けます。型紙やミシンなども含めてほぼすべての作業をご自分で出来ます。

Q:レギュラーコースの前にトライアルを受講しないといけませんか?
A:レギュラーコース、トライアルコースのどちらからでも始めて頂けます。
お気軽に始めたい方やとりあえず1足作ってみたい方はトライアルコース、最初からオリジナルで作りたい方やこだわりのある方はレギュラーコースがお勧めです。

Q:何回の受講で1足完成しますか?
A:トライアルコースでは各コースに設定された受講回数で完成します。パンプストライアルなら4回です。
レギュラーコースでは型紙作成やミシンなどの作業もあるので、靴作りが初めての方でだいたい7回くらいで完成します。

Q:トライアルコース・レギュラーコースの曜日、時間は固定ですか?
A:いいえ。1回の受講毎に、どの曜日・時間でもご都合に合わせてご予約下さい。

Q:レギュラーコースを受講したいけど、毎月3回通えないかもしれません。
A:月一回からでも受講して頂けます。お忙しい月はお休み、余裕のあるときは3回など、月により回数が変わっても大丈夫です。

Q:道具などを購入する必要はありますか?
A:トライアルコースでもレギュラーコースでも必要ありません。すべてこちらでご用意しています。